結婚式の招待状

結婚式のお知らせが届きました。立派な筆の字に宛名に、金の封。2人並んで書かれた差し出し人。粗末にしてはならない重々しさを感じます。中には青い蝶のモチーフの招待カードが入っていました。分かっていても、招待状が届くと、あー、結婚するんだなと改めて感じたりしませんか。結婚する人にとっても、招待される人にとっても、この招待状というのは特別な感じがします。今の世の中、携帯メールや、Eメール、手紙を出すことなんて年賀状くらい、こういった便利な世の中ですが、結婚式の招待状は今も尚、きちんと郵便で出される方がほとんどではないでしょうか。

招待状

結婚式の招待状には教会式なら式のお知らせ、披露宴のお知らせ、そして出欠を知らせる返信ハガキが入っています。そうです。この招待状は返信して、結婚式の出欠を伝えなくてはいけません。人数を確認する為にも必要な返信ですので、できれば早いうちに返信する様にしましょう。

結婚式に招待する側の人はなるべく早く招待する人を決めなくてはいけません。人数調整は意外と大変なものです。両家のバランス等もありますから、じっくり話し合って決める様にしましょう。

招待状は式場で用意されているもので、何種類かから選ぶことができます。その中で選ぶことができれば手間がかからないかもしれません。この様なペーパーアイテムグッズにこだわりたい人は、招待客をピックアップしている間にある程度の準備はしておきましょう。招待客リストや招待状作成、宛名書きは時間が掛かるものです。一番最初にしなくてはいけない最も大切なことですので、慌てない様に時間に余裕を持って準備しましょう。

オリジナル招待状の作成

自分でオリジナル招待カードを作成したい人も結構いる様です。経費削減の場合もあるようですが、この場合は持ち込み料がとられる場合もありますので、返って経費が掛からないか確認してから準備しましょう。

デザイン的にこだわりたいというのであれば別です。結婚式の招待状ってだいたい同じ様な印象だけど、特に決まりはない様です。ですから、素材にこだわったり、写真付きにしたり、香り付きの招待カード何ていうのもあるみたいですよ。あの人らしいねなんていう招待状も素敵だなと思います。招待状は結婚を正式にお知らせする第一グッズでもあります。こだわるのはいいかもしれません。

式場で用意されたデザインから選ぶのもよし、自分たちで全て手作りもよし、どんなことでも2人で決めていくことが大切です。招待状のみを作ってくれる印刷業者もありますので、自分たちの決められた予算でそのくらいのことができるかを把握しつつ、色々と検討しましょう。それぞれ思いに応じて色々と選択肢がある様です。ペーパーアイテムグッズって、受け取ったり見たり、その時だけのグッズかもしれないけれど。。。個性的にこだわってみるのも悪くありません。オリジナルな招待状を作ってみてはいかがでしょうか。

招待状は2人の新しい生活をスタートさせる為の第一歩となるグッズです。形式的なことの様ですがとても大切なものですよ。招待するお客様はこの招待状をみて改めて、ふたりの結婚を知るのです。その招待状が届いた時の印象はそのままふたりの印象にも繋がります。けっして、あわてて準備するのではなく、時間に余裕を持って準備したいグッズであります。

pickup

2015/3/11 更新