結婚指輪のプロポーズ

指輪はふたりの永遠の愛を誓って、神の前で交換されます。結婚式には欠かせないこのシーン。意外と憧れている人いるのではないでしょうか。指輪といえば、プロポーズの時や結婚式の時など、ドラマや映画でも女性が憧れる様な数々の名シーンがあります。こんなプロポーズに憧れた何ていう人もいるのではないでしょうか。

ケーキやお料理に指輪を隠してプロポーズ何ていうのもありますね。実際、それって食べてしまうことはないのかななんて現実的なことを思いながらも、そんなサプライズうれしいものですよね。どんなシチュエーションにしろうれしいことですが、それに演出で指輪がついていたらかなりうれしいことだと思います。実際にプロポーズと指輪がいっしょってない様な気もするのですが。。。

結婚の証しがどうして指輪になったのかは知りませんが、日本で結婚指輪や婚約指輪はだいぶ前から浸透していました。邪魔にならずにひっそりと身につけられる指輪。一生ものなのだからこだわりたい人もいるでしょう。指輪の種類は数多くあります。オーダーで作る人もいるでしょう。ブランドの指輪にしたり、ずっと大切に身につけるものだけに思いは人それぞれです。指輪はずっと変わらずに残るものだし、結婚したという意識をさせてくれる偉大なものでもあります。邪魔にならないようにひっそりと、そして小さいながらもその存在感は大なのであります。

左の薬指に結婚指輪をはめる理由

左の薬指に結婚指輪をするのには訳があります。様々な説があるみたいですが、左の薬指に心臓からの血管が繋がっているので、左の薬指はとても大切であることから、その指になったという言い伝えが最も有力な様です。私が小さい頃、祖母に薬指と心臓の関係を話してもらった記憶があります。薬指と心臓の関係はあるかもしれませんね。ハートを示す血管ということです。ロマンティックな様な感じもします。永遠の愛の象徴である指輪を薬指にすることはハートを繋いでいるということなのでしょうか。

こういう言い伝えはまるっきりウソではないと思います。昔の人が伝えてくれることには必ず意味がある様な気がします。そういうことって大切ですよね。指輪も長い間言い伝えられてきたことです。ずっとずっと未来まで浸透していってほしいなと思います。

婚約指輪にダイヤを使う理由は

婚約指輪には誕生石やダイヤを入れたりします。誕生石は分かる様な気がするけれど、ダイヤはどうして?なんでしょう。ダイヤはどんな石よりも硬く、傷がつきません。それは結婚したふたりの絆がそのように固く結ばれる様にという願いを込めて贈られる様になったみたいです。ダイヤはキレイですしね。贈られる女性にとってはどんな石であってもうれしいものです。

婚約指輪をもらって瞬間はうれしいものです。芸能人の様にお披露目はないにしろ、心がウキウキする様な気がします。私がもらった時は、つけるのが恥ずかしい様な、でも、通勤の電車の中では眺めてにやにやしていてようなきがします。やっぱりうれしいものですよね。

シンプルな結婚指輪

その点、結婚指輪はナチュラルです。シンプルなデザインであるので、出しゃばった感じもなく自然に受け入れられます。結婚したんだなっていう自覚を持たせてくれます。普段ずっとつけるだけに、シンプルな感じが人気みたいですね。アクセサリをつけなれていない男性でもつけているうちに気にならなくなってきます。それが結婚指輪です。シンプルなデザインはいつしか自然に体の一部になるのです。

  • ゴールド
  • プラチナ
  • シルバー

シンプルながらもこだわりを持って作る人もいる様です。指輪をつけてると結婚してるんだなっていうほど、日本ではかなり認識度高いです。結婚指輪は形ある結婚の象徴ですね。小さクシンプルながらもアピール力は絶大な存在なのです。

指輪は結婚する2人にとっては大切なグッズですね。派手ではないアクセサリだけど、それは幸せのグッズの一つです。子供が成長し大人になっても夫婦として見守ってくれます。最も長い間、幸せを感じられるグッズになるでしょう。結婚する2人にとって、もっとも大事なハッピーグッズといえるでしょう。

Favorite

OCN
http://www.ocn.ne.jp/

最終更新日:2015/3/11